毛穴臭の種類や対策は?

keana1

夏が近づくと気になるのが臭いですよね。
中でも頭皮からの臭いって気になりませんか?
出先で洗うわけにもいかないし、脇のように拭き取るのも無理な「頭皮臭」に関して、
ちょっとしたケア方法をまとめてみました。

臭いにも種類があった

ただ一言「臭い」と言っても、その臭いには種類があり、その種類だけ原因もあります。
頭皮の臭いにも同じことが言えるので、まずはその種類と原因を見てみましょう。

①汗臭い
汗をかくと、髪の中で蒸れて嫌な匂いがしますよね。
脇や足の裏の臭いも、汗が引き金になることが多いのはご存じの方も多いでしょう。
本来、汗というのは無臭なはずなんですが、そこに雑菌があったり、発汗時にタンパク質の分解が起こり、
そのせいで臭いが出ると言われています。
つまり、汗をかいたらこまめに拭き取る。
そうは行かない頭の場合は、なるべく風通しを良くして雑菌の繁殖を抑える工夫をしましょう。

②生乾きの臭い
梅雨時によくCMで見かける「洗濯物の生乾き臭」が、頭皮でも起こります。
これは特に髪の長い女性に言えることですが、夏場のドライヤーは暑くて手を抜きがちです。
しかし中途半端な乾かし方をしていると、まさに「洗濯物の生乾き」と同じ状態が頭皮でも起こります。
温風ではなく、冷風でも髪は十分に乾くので、しっかりと乾かすようにしましょう。

③腐敗臭
これは警戒レベルMAXです。
生ゴミや公衆トイレのような悪臭が頭や体から発せられたら、それは内蔵疾患の疑いがあります。
少なくとも腸内環境が乱れているために、体にガスが溜まりそれが毛穴から放出されていると考えられます。
睡眠不足・暴飲暴食など、普段の生活を見直し、体調を整えるようにしましょう。

シャンプーを変えてみる

keana2

さて、臭いの大まかな種類を説明しましたが、一番は頭皮を清潔にするということですね。
そのためには、適したシャンプーと正しい洗い方を知る必要があります。

まずシャンプーについては、臭いが気になりだしたらクレンジング効果のあるシャンプーをおすすめします。
毛穴につまった皮脂を溶かして除去してくれるので、雑菌の餌となるタンパク質や脂がなくなります。
もしも臭いと一緒にフケも気になるようなら、乾燥肌用のシャンプーもいいかもしれません。
乾燥しすぎて逆に脂が過剰分泌されている可能性もあるので、乾燥ケアをすることで抑えることもできます。

ピュア ナチュラル(クレンジング剤)

ハーブガーデン(消臭効果がある)

次に正しいシャンプー方法ですが、余裕のないときの朝シャンは禁止です。
洗が雑になったり、十分に乾かしきれなかったり、急いでいるので熱風で髪がいたんだりと、
夜と同じだけの余裕がなく、個々の作業を丁寧に行えるだけの時間がない時はやめましょう。

また、シャンプーは髪を洗うのではなく頭皮を洗います。
爪を立てずに、指の腹で頭皮を揉み込むようにマッサージしながら洗いましょう。

そして最大のポイントが、十分なすすぎです。
洗剤が残っていると雑菌がふえ、ニオイのもとになります。
洗の倍の時間をかけるくらいの気持ちで、しっかりとすすぎ落としましょう。

こちらで正しいシャンプーの仕方を動画で説明してくれます。

頭皮が清潔であれば、多少の汗は臭いもなく気になりません。
ただし体内環境が良くない時は、その汗自体が臭いを発してしまうので注意が必要です。
脇や頭といった、臭いが強く出る場所以外の汗の匂いが気になるようなら、
一度腸内環境を整えると、体臭の改善につながるかもしれません。

薄毛克服のためのAGA病院の選び方